聖路加国際大学 聖ルカ礼拝堂

キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ01 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ02 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ03 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ04 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ05 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ06 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ07 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ08 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ09
公開洗礼クラス
原則として第4日曜日13:00〜14:00
洗礼志願者のための勉強会を定期的に開催します。志願者でなくても、どなたでも参加できます。担当はケビン司祭。初回は4月22日です。それ以降の予定:5/27, 6/24, 7/22, 8/26, 11/25
新着ニュース
今週の予定
4/18(水) 8:45聖餐式(トイスラーホール)

4/19(木)10:00聖書を読む会(ケビン司祭) 

4/20(金)13:30真鍮みがき(ウ゛ェストリー)

4/22(日)アンセム「限りなく生ける全能の神よ」

        公開洗礼クラス13:00〜14:00
今週のメッセージ
復活節第四主日メッセージ
「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」(ヨハネ10:11)

自分を待ち受けている十字架が地平線上に見えるイエスさまは弟子たちに話しておられる。エルサレムの神殿には己の立場ばかり守ろうとする大祭司らがいる。会堂には天のお父さまの憐みを忘れて、弱い人間が守りきれない掟を押し付けようとするファリサイ派の人もいる。あちこちで悪い羊飼い。しかし、イエスさまは良い羊飼いである。そのために天の父に派遣されたのだ。そうなれるようにと心が燃えている。この民、今までちゃんとした羊飼いがいないから弱り果て、打ちひしがれてきたこの民のために良い羊飼いとなる。でも怒り狂う狼のように人々を苦しめ悩ますサタンはおとなしく降伏するわけにはいかない。神の宝物である人間をやっつけるつもりでいる。流血に飢えている。だから良い羊飼いは羊の代わりに、ご自分の血をおささげになるのである。(司祭 ケビン・シーバー)

礼拝案内 どなたでも、ご自由にご参加ください。

日曜日
聖餐式 午前7時(約35分)/トイスラーホール(本館)
こども礼拝
日曜学校
午前10時(礼拝部分約20分)/チャペル(旧館)
聖餐式・説教 午前10時半(約1時間半)/チャペル(旧館)
夕の礼拝・教話 午後5時(約55分)/トイスラーホール(本館)
※第1日曜日の礼拝は「いやしの祈り」
※第3日曜日の礼拝は英語の礼拝となります。
平日(病院の外来休日を除く)
月・火・木・
金曜日
水曜日 聖餐式:
午前8時半(約25〜30分)
/トイスラーホール(本館)

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。