聖路加国際大学 聖ルカ礼拝堂

キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ01 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ02 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ03 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ04 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ05 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ06 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ07 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ08 キリスト教の愛を常に示し続ける…:イメージ09
土曜日の朝の礼拝終了
7月より、病院の土曜外来形態の変更により、*土曜日の*朝の礼拝は終了いたします。
新着ニュース
洗礼・堅信、おめでとう!
本日、東京教区主教大畑喜道を迎えて、4名の方が洗礼、そして堅信の恵みに預かりました。仲間が増える喜びのひとときでした。
6/18:礼拝場所変更
6月18日(日)旧館の法定停電検査に伴い、主日礼拝はトイスラーホールにて行われます。旧館のエレベーターもトイレも使用できませんので、お間違いのないようにお越しください。
今週のメッセージ
わたしたちの日常をもって神の国をもたらす
イエスは言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ、み名が崇められますように。み国が来ますように。わたしたちに必要な糧を毎日与えてください。』」(ルカ11:2-3)
イエスが教えてくださった「主の祈り」は壮大な願いで始まる。世界中の人はその造り主であるまことの神に目を向け直し、愛と従順をもって神に仕えるように、と。そして神の国、つまり天の父の理想の世界が地上で実現するように、と。それでいきなり一人一人の一日分の食物、必要なものを頼むことになる。急に極めてマクロの話から極めてマイクロの話に変わる。もしかしたら話が変わるのではなくて、わたしたち一人一人は本当に必要なことが与えられて今日も小さな愛をもって神に仕え隣人に仕えることによってこそ、神は神として知られ、その素晴らしい計画が現実なものになっていくのではないだろうか。 (司祭 ケビン・シーバー)

礼拝案内 どなたでも、ご自由にご参加ください。

日曜日
聖餐式 午前7時(約35分)/トイスラーホール(本館)
こども礼拝
日曜学校
午前10時(礼拝部分約20分)/チャペル(旧館)
聖餐式・説教 午前10時半(約1時間半)/チャペル(旧館)
夕の礼拝・教話 午後5時(約55分)/トイスラーホール(本館)
※第1日曜日の礼拝は「いやしの祈り」
※第3日曜日の礼拝は英語の礼拝となります。
平日(病院の外来休日を除く)
月・火・木・
金曜日
水曜日 聖餐式:
午前8時半(約25〜30分)
/トイスラーホール(本館)

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。