磯山聖ヨハネ教会祈りの家(福島県新地町)

福島県新地町は2011年3月11日巨大地震による大津波に襲われ、教会周辺に居住する信者家族全戸が被災、3名の信徒が逝去しました。無事生存が確認された教会のメンバーも避難生活を余儀なくされました。教会の建物は2013年2月16日に危険建物として取り壊されました。

東北教区は「磯山聖ヨハネ教会復興プロジェクト」を立ち上げ、以来復興のための取り組みを進めてまいりました。取り組みから5年9か月、この度、新地町熊野に土地建物を購入し、「磯山聖ヨハネ教会祈りの家」として開かれました。

又、復興が進む中、新地の仮設住宅には原発事故から避難して生活して暮らしておられる方が今もおられます。

12月25日(日)午後4時より、降誕日のミサが「祈りの家」で初めて捧げられ、磯山の信徒の方々を初め、名古屋、仙台、会津、小名浜、郡山からと31名の方々が参加されました。礼拝後は和やかに嬉しい感謝の時を過ごすことが出来ました。今後は祈りの場として、また交わりの場として用いられていくことでしょう。

 

祈りの家(奥が駐車場)

img_2427%e6%96%b0%e5%9c%b0

 

クリスマス礼拝(聖餐式)の様子

img_2411
磯山の信徒の三宅さんによる聖書の朗読
img_2414%e6%96%b0%e5%9c%b0
長谷川司祭さんのお説教

 

 

泉玉露・渡辺町昼野応急仮設住宅より

いわき市にある泉玉露応急仮設住宅は、全町が避難区域になっている富岡町民のための仮設住宅です。渡辺昼野応急仮設住宅は全町が避難区域になっている大熊町民のための仮設住宅です。

原発事故により突然故郷を離れざるを得なくなって5年半以上経っています。5年あまりの間に親しくなった方々ともこの先また離れ離れになるかもしれないと話してくださった方がいます。ほっこりカフェに来て今を大切にしたいと言われた言葉が忘れられません。泉玉露(富岡仮設)では毎週金曜日の午前中、渡辺昼野(大熊仮設)では毎週木曜日と土曜日の午前中にお茶会「ほっこりカフェ」が開かれています。

富岡仮設住宅(いわき市泉玉露)より

お花のプレゼントと∗芋煮会の様子

img_2237%e6%b3%89%e4%bb%ae%e8%a8%ad
11月25日(金)日赤いわき支部よりたくさんの鉢植えのお花をいただきました
img_2241%e4%bb%ae%e8%a8%ad
日赤の方々も一緒に∗芋煮を頂きました(11月25日)

∗芋煮:東北地方では秋に収穫した芋に肉、野菜を一つのお鍋に煮込んで食べます。地方によって入れる芋(ジャガイモ或は里芋)や肉(豚肉或は牛肉)や味付けも違いますが、体が温まるので寒い季節に向かう秋に一つのお鍋を囲んで親睦も兼ねて楽しむ習慣があります。

大熊仮設住宅(いわき市渡辺昼野)より

ほっこりカフェの様子

img_225%e6%b8%a1%e8%be%ba%e4%bb%ae%e8%a8%ad
少し早く来てコーヒーを淹れて準備中です(12月10日)
img_2272%e6%b8%a1%e8%be%ba%e4%bb%ae%e8%a8%ad
支援のお菓子、手作りの漬物、冬至のかぼちゃをいただきながら、お互いの健康のことなど話がつきません(12月10日)

     

福島第一原発処理費用2倍

福島第一原発処理費用2倍に増加
国の貸し出し枠拡大の方針

経済産業省は、福島原発事故の賠償や廃炉等の処理費用の合計が21兆5,000億円に膨らむと試算しました。廃炉作業の長期化と農業分野に対する補償の大幅な増加が見込まれることも原因の一つです。これまでの試算11兆円から約2倍に膨らむことになります。そこで政府は東京電力の財政を支えるために、東電に貸し出すことのできる無利子融資枠を、現在の9兆円から14兆円に拡大する方針を打ち出しました。追加された費用は、東電や大手電力会社が持つ送電線の使用料に上乗せし、電気料金として利用者から集める方針で、国民の負担の増大は避けられません。この試算は、経産省の委員会や自民党の調査会に示されることになっています。

原子力規制委員会は11月に、「40年運転ルール」を無視して、運転開始から40年を超える福井県美浜町の関西電力美浜原発3号機の運転延長を認可しました。老朽化した原発の運転延長は、福井県高浜町の関西電力高浜原発1、2号機に続き3基目になります。これ以外にも、日本国内の原発のうち運転年数40年を超える原発が7基あり、30年を超えるものになると16基あります。このままでは、このような老朽化した原発の再稼働が加速され、万一事故が起きた場合には、私たち国民にそのつけを負わせる機構ができてしまいます。
賠償、除染、廃炉・・・、どれを取っても先の見えないものばかりです。このような状況を許していれば、いのちが守られないばかりか、国の財政破たんにもつながりかねません。

ドイツは2022年までの原発全廃を決定し、欧州を中心に脱原発の動きが進んでいます。台湾は2025年に「原発ゼロ」にすることを決めています。両者とも、福島原発の事故を教訓にしたからです。また、人々の声に耳を傾けた結果でもあります。
日本はなぜ、脱原発に向かえないのでしょうか。膨大な処理経費の問題だけでなく、さまざまな予測のできないことばかりが続くこの経験を通して、当事国であるからこそ率先して原発の全廃を目ざし、さらに世界に脱原発を促すのが、甚大な犠牲を出した日本のあるべき姿なのではないでしょうか。(2016年12月8日)

クリスマスに向けて ~ページェントの練習~

 

『おめでとう、恵まれた方、主があなたと共におられる』(新約聖書 ルカによる福音書1章28節)

今年も、セントポール幼稚園の園児たちは、神さまの豊かなお恵みのうちに主のご降誕を待ち望む時を過ごしています。

🎄さくらぐみ(満3歳~未満児クラス):クリスマスの意味を知り、保育者や友だちと楽しい気持ちで過ごす   🎄たんぽぽぐみ(年少クラス):イエス様のお生まれを知り、嬉しい気持ちでクリスマスをお祝いする    🎄ももぐみ(年中クラス):イエス様のお生まれを知り、クリスマスのお祝いをする   🎄かりぐみ(年長クラス):イエス様のお生まれに感動の気持ちを持ち、みんなで心の準備をしながら待ち望む

ひかりぐみは聖劇の練習をしておりますが、今日は初めて衣装を着けました。

img_2194%e7%b7%b4%e7%bf%92
後ろのホックをお互いに付けっこしました
img_2188%e7%b7%b4%e7%bf%92
衣装を着ると嬉しそうです
img_2197%e7%b7%b4%e7%bf%92
博士の衣装を着せてもらいます
img_2202%e7%b7%b4%e7%bf%92
聖堂の前で始める前のお祈りをします

 

原発事故から6回目のクリスマスを迎えますが、子どもたちを取り巻く状況は決して好転しているとは言い難い状況にあります。しかし、幼稚園に関わる保護者や教職員が力を合わせ、精一杯子どもたちを守る努力をしています。そして、時の経過とともに人々の関心が薄れ、風化が懸念される中、国内外から頂戴する暖かいご支援に支えられ、励まされております。

子どもたちの絶え間ない笑顔のために、今後ともご支援を賜りますようお願いいたします。(2016年12月7日記)

美浜原発3号機の延長認可

2016年11月17日朝日新聞掲載記事より

skmbt_c280_16111715090

原子力規制委員会は16日、運転開始から40年を迎える福井県美浜町の関西電力美浜原発3号機の運転延長を認可しました。老朽化した原発の運転延長は、福井県高浜町の関西電力高浜原発1、2号機に続き3基目になります。
「40年運転ルール」は、東京電力福島第一原子力発所の事故を教訓に、古い原発を減らす目的で2012年に法改正されたものです。しかし、廃炉が進むと電力不足になりかねないとの懸念から、規制委が認めれば1回だけ「極めて例外的に」最長20年の延長を認めるとしました。
今回の延長の認可は「極めて例外的に」の言葉を無視し、「40年運転ルール」を形骸化するものです。今後、運転延長が定着してゆくのではないかと大きな懸念を抱きます。
美浜原発は今年11月で運転開始から40年になり、規制委が認めなければ廃炉になるはずのものでした。しかし、事故が起きても原子炉容器は破損されないことが確認されたとして、延長が認められました。福島原発の事故が起きた時には、ほとんどのメディアが「崩れた安全神話」と報じたはずです。あまりにも大きな犠牲の上にある、あの教訓はどこへ消え去ったのでしょうか。
関西電力によると、地震や津波対策にかかる改修費は1,650億円に上ると試算され、その完了を2020年ごろとしています。再稼働はそれ以降になる見込みです。それでも岩根茂樹社長は「基本的には経済性があると判断している」と10月の定例会見で強調しています。
先日、日本とインドが原子力協定に署名しました。その際、日本の原子力メーカーは、福島原発の事故後、国内での新規建設が見込めない中、じかに原発を輸出する機会を得たと、大きな期待を寄せています。
この二つは同じ、経済優先、人のいのち軽視の上に成り立っています。ここではいのちが顧みられていないのです。
福島原発事故による放射線の影響などで、いまだに10万人近い福島県民が故郷から離れた場所での避難生活を強いられています。5年半余に及ぶ避難生活の長期化は、高齢者の孤立を招き、心身ともに健康が蝕まれています。自死を選んだ人さえいます。
福島第一原発事故後、人々から当たり前の日常を奪ったばかりでなく、放射能汚染の問題、汚染廃棄物の問題、廃炉の問題、何ひとつ解決することができていません。しかしながら、運転延長を認め、再稼働への道を開き、そして輸出さえも推し進めようとする大きな潮流に、私たちは黙っていてはのみ込まれてしまいます。

日本とインド原子力協定に署名

2016年11月12日朝日新聞掲載記事より

%e5%8e%9f%e7%99%ba%e8%bc%b8%e5%87%ba%ef%bc%91-2

%e5%8e%9f%e7%99%ba%e8%bc%b8%e5%87%ba%ef%bc%92

安倍首相とインドのモディ首相は11日、日本からインドへの原発輸出を可能とする原子力協定を締結することで合意し、両首脳立会いのもと協定に署名した。被爆国であり、福島原発事故の収束もままならない日本が、核拡散防止条約(NPT)に未加盟で核兵器保有国でもあるインドへ日本からの原発輸出に道を開く事には大きな疑問も残る。インドが核実験を再開すれば協力を停止することになっているとは言え、この協定の署名は日本経済の実利を優先した選択であり「核兵器のない世界」を目指すというアピールも説得性を失いつつある(原発問題プロジェクト委員/尾関敏明)

 

「富岡に廃炉実験施設」を計画

(2016年11月9日福島民報掲載記事より)

%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e6%b0%91%e5%a0%b1

JAEAは来年度、溶融燃料(燃料デブリ)の発生した状況を把握するための実験施設を富岡に設置するようです。国はその整備費用として約15億円の予算を盛り込んだとのこと。多額な税金が使われます。

リフレッシュプログラム/2016年10月28日

2016年10月28日(金)セントポール幼稚園の子どもたちは磐梯山の南麓方面にある「亀が城公園」に行って来ました。天候は曇りで少し肌寒かったのですが、子どもたちは元気に鬼ごっこしたり、散歩したりして楽しんで来ました。また、この週は沖縄から二人の先生が幼稚園に来てくださって子どもたちと一緒に過ごしてくださいました。img_1630%ef%bc%88%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%a3%e3%81%93%ef%bc%89

 

2016%e3%80%8110%e3%80%8128%e4%ba%80%e3%81%8c%e5%9f%8e%e5%85%ac%e5%9c%92
鬼ごっこで駆け回るこどもたち
img_1610%ef%bc%88%e6%95%a3%e6%ad%a9%ef%bc%89
各組に分かれて公園内を散策
img_1669%e5%af%84%e3%81%9b%e6%9b%b8%e3%81%8d%ef%bc%89
沖縄の二人の先生に感謝の寄せ書きを贈りました

 

人権セミナー参加者からの声

「人権セミナー・2016」(10月4日~10月6日開催)に参加された方の声を紹介します

○来てみて初めて分からないことだらけということが分かり、「聞きたい」「知りたい」という気持ちになる。

○汚染土が大量に置かれている様子に、かつては、命を生み出す田畑であったはずなのに、今は危険物(汚染土)が置かれ、命が生まれない状態になっている。

%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%883%e9%9a%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%81%9f%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%b3
劣化した汚染土保管容器(郡山市内アパート駐車場・2016年7月) 福島県内86,600カ所ある現場保管場所の一つ。このような光景は街の至る所で見られる。
%e8%a3%82%e3%81%91%e3%81%9f%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b02016%e5%b9%b47
袋が破れて土が見えている(2016年7月)
2016%e5%b9%b47%e6%9c%88%e9%83%a1%e5%b1%b1%e5%b8%82%e6%a1%91%e9%87%8e
上の写真の汚染土の袋が破れた所。線量計は 「3.04マイクロシーベルト」の数値を示す

○汚染土の袋が破れたり、袋から草が生えていたり、美しい風景であったはずが、異常な木々や、人のいない立派な家並みを見て腹立たしさと無力感を覚え、自分は何が出来るのかと思った。

%e5%af%8c%e5%b2%a1%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9
フェンスで仕切られた「帰宅困難区域」 フェンスの向こうには入れません(富岡町)

○原発は日常の生活を奪い、家族の分断を生み、生きる権利までも奪う。

%e5%a4%9c%e3%83%8e%e6%a3%ae%e9%a7%85%e4%bb%98%e8%bf%91%e3%81%ae%e7%b7%9a%e8%b7%af%e3%80%902016%e5%b9%b47
富岡夜ノ森駅付近の草で覆われている線路 (2016年9月)

○黒い袋が破れ放置され人のいない町。原発は人間が起こしたもの。廃炉にするにも「ごみ」が残り続ける。恐怖と不安を感じる。眠れなかった。

○自分の住んでいる街と置き換えた時に、恐ろしさが実感され、被災者の痛み、苦しみを自分のものと感じられた。  

○自分の日常生活の中で、福島、熊本を終わったように忘れていきがちになるのがこ わい。

○時間が経つにつれ、見えなくなっていく自分を感じる。「見えないものに目を注ぐ」大切さを思う。いつも覚え考えていける関係でつながっていけたらと思う。

○福島原発の事故を風化させてはならない。風化に恐ろしさを感じる。自分たちの責任として伝え続けて行かなければならない。

○時が経ち、原発事故と折り合いつけて生きざるを得ない人々に接していると、原発の持つ問題について語ることに躊躇を感じ、率直に語ることが困難になってきている。

○自分の感じたことをどのように表現し、どのようなメッセージを伝えることが出来るのか?

○今の日本のあり方、そして今後、日本がどこに向かっていくのかが問われている。

○再稼働を進めようとする政府の姿勢も問題である。

○経済優先の政策に疑問を感じる。

○原発の問題は沖縄問題と重なる。国の政策に意見を表明して小さな力を浸透させなければならない、

○原発事故と人権について考えた。家族の分断、地域社会の崩壊、奪われる安心して暮らせる環境など、生きる権利が奪われていると感じる。基本的人権や生存など、憲法との関連で考える必要がある。

人権セミナー・2016

今年の日本聖公会人権セミナー(テーマ:「原発問題と人権in福島」)は10月4日(火)~6日(木)郡山聖ペテロ聖パウロ教会のセントポール会館を会場に開催され、全国の教区から26名の方々が集いました。現地の置かれている様子に耳を傾け、原発の被災地を訪問し、原発問題について熱心に語り合い、共に祈り3日間交わりの時を過ごしました。