日本聖公会北海道教区
トップページへ戻る

 
日本聖公会 北海道教区


私たちの教会は聖公会と言います
「聖公会」は、カンタベリー大主教を精神的指導者とするイングランド教会を母体に、世界160ヵ国に広がる教会です。(信徒6500万人)。ローマ・カトリックとプロテスタントに大別される西方キリスト教会の中で、聖公会は両者の要素を兼ね備え、その中間に位置していると言われています。
 聖公会の信仰は、東アジアには18世紀から19世紀にかけて、英国と米国の両聖公会から伝えられました。日本には1859年(安政6年)米国聖公会から二人の宣教師が渡来、今日の礎を築きました。キリスト教禁令が廃止された後は英国、カナダ聖公会の宣教師団も伝道に加わり、1887年(明治20年)「日本聖公会」が創設されたのです。
 現在、日本聖公会は北海道から沖縄に至る全国11の「教区」によって構成され、約300の教会があります。その他、立教大学を始め11の大学及び短大、18の小、中、高校、各種専門学校等の教育機関、149の幼稚園、保育園を運営、また聖路加(ルカ)国際病院(東京)を始めとする種々の医療事業や社会福祉事業と深い関わりを持って、社会の多くの人々に神の愛と慰めを証ししております。

私たちの教会は日本聖公会北海道教区に属しています
 北海道における聖公会の伝道は、1874年(明治7年)イギリス人宣教師デニング司祭が函館に上陸した時にさかのぼります。以来百三十年余聖公会は、北海道におけるキリスト教伝道、社会福祉、教育、文化等の様々な分野に渡ってユニークな働きを行ってきました。現在北海道教区は24の教会を有し、また教育事業として五つの幼稚園、社会福祉事業として四つの保育園、そして一つのNPO法人を運営しています。

礼拝について
 聖公会の礼拝・共同の祈りには、聖書、祈祷書と聖歌集が用いられます。日曜日の礼拝は聖餐式が中心です。聖餐式は、主イエスが私たちの罪のため生命を捨てて下さった事により、私たちが神の愛を知り、生かされている事を覚える儀式です。礼拝の中で、信徒は祭壇の前まで進み出ます。これはキリストの聖体(パンとぶどう酒)を戴く事によって、主イエス・キリストを信じる者がキリストに養われ、一つとされる事を表しています。
 最初はとても理解しにくい、場違い等とお感じになられる方もあるかもしれません。でも、式文の意味を噛みしめられる時、二千年近く絶える事なく行われている聖餐式の何かに触れる事が出来るでしょう。

 どうぞいつでも教会をお訪ね下さい。礼拝においで下さい。聖書を開き、祈って下さい。きっと霊的な力が与えられる事でしょう。


もう少し詳しく聖公会についてお知りになりたい方は、九州教区のホームページをご覧下さい。