旅 の 途 中

 5月に入って軽井沢はこれからが新緑の季節となります。
私が出向しています旧軽井沢ホテル音羽ノ森にも、観光や結婚式、ビジネスや競技参加など様々な人々が宿泊しています。宅配便の普及によって挙式衣装やゴルフバッグ、スキー板がフロントのバックヤードには所狭しと並びます。
旅行者の目的は違っても、ホテルスタッフは皆さんに心地よく宿泊していただくためにできる限りの心配りをしています。しかもそれがごく自然な振る舞いの中でなされることに、私もすごいなーと感心することがあります。
新郎新婦の中には客船や航空会社に勤める人たちも少なくありませんし、挙式後すぐに転勤で海外に行かなければならない方々もいます。家族に軽井沢旅行も楽しんでもらいたいと願うお二人もいます。
私も結婚式の説教の中で、これからの人生の歩みを旅にたとえてお話することがあります。
人生という旅を通して、これまでなかなか気がつかなかったことに目を留め、大切なことに心を向けるようにお話します。そして私も、自分自身が愛されてきたことの一つ一つを感謝しなければと思い返します。
コロサイの信徒への手紙には第3章12節に「あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい」と教えています。
私たち一人一人はあまりにも情けない者ですが、神様によって「お前ほど清め甲斐のある者はいないぞ!」と思われ、愛されているのです。私たちは主によって赦され、愛されている。だからこそ憐れみの心や慈愛、謙遜や柔和、寛容を身に着けなければならないのです。
コロサイの信徒への手紙の結びにパウロは、ティキコとオネシモをコロサイへ遣わします。パウロ自身は行きたくても行けない、囚われの身です。自分も「川の難、盗賊の難、同胞からの難……寒さに凍え、裸でいたことも」(二コリ11・26~27)経験した旅でした。きっと彼らを派遣することのつらさを身にしみて感じていたことでしょう。しかしその弱さを誇ることができるほど、その弱さの中にイエス・キリストの力が発揮されるのです。
聖書を開いてみれば、不思議と旅をする人々の話があふれています。アダムとイブから始まってノアやエジプトを脱出するユダヤ人、預言者やダビデまでもがサウル王から逃げて旅をしています。追い出されたり、逃げ出したりという気のすすまない旅もあります。「逃げるは恥だが役に立つ」というテレビドラマがありましたが、誰でも一度は逃げ出したくなる経験があると思います。
人生を主イエスとともに旅をするということは、このように逃げ出して枕する所がないような旅なのかもしれません。しかしそれは、神様とともにある永遠の命への旅でもあるのです。
(旧軽井沢ホテル音羽ノ森チャプレン、軽井沢ショー記念礼拝堂協働司祭)

『人 の 夢 と 欲』 

6月になって軽井沢は、新緑の中で結婚式も多くなります。結婚準備のオリエンテーションのとき、二人にどんな家庭を築いていきたいのかを伺います。ありきたりの言葉であっても、自分たちが始めていく結婚生活で家族や周囲の人たちが喜びあえるように努力する、彼らの夢は小さなものかもしれませんが、人々を喜ばすことにおいて広がっていくことになればと思います。人は夢を持ち、実現していこうとします。それが人々の喜びや幸福につながっていくならば社会への貢献となるでしょう。しかし社会的に成功してもそれが他の人や他の国の犠牲の上に成り立っていれば、人が抱く夢も夢ではなくなってしまい、いつしかそれは「人の欲」になっていくのではないでしょうか。
戦後70年、戦争体験を語ることのできる人々が少なくなっていく中で、私たちは平和を夢みて、ある意味実現させてきたと思います。しかし一方で命の危険や騒音、犯罪による犠牲を米軍基地周辺の人々に押しつけた「平和」を歩んできました。この「平和」をただ享受していくということは喜び合える夢ではなくて、人の欲になっていくのではないでしょうか。
また東日本大震災によって改めて放射能の怖さを私たちは知りました。またそれは原発の稼働が一部の地方に住む人々の危険や犠牲のもとに成り立っていたということです。快適な暮らし、平和な生活は多くの犠牲と私たちの欲によるもの、ということを隠していくことはもうできません。
創世記には「風の吹くころ、主なる神が歩まれる音を聞き」罪を犯してしまったアダムとイブは隠れたと書かれています。自分たちは弱く、清さを失った裸の姿であることを知ったのです。神様によって創造された清さを失い、闇が心の中にまで広がってしまいました。神様の創造された世界に茨とあざみが広がるように、人間のエゴや欲望が現代まで広がります。
イエス様は山上において「あなたがたは地の塩である。世の光である」と語られました。この世界に対して私たちがその腐敗を止め、清めていく、味付けていくようにと呼びかけました。でも私たちは隠れてしまいたくなるほど自分の中の闇を知っています。パウロはローマの信徒への手紙の中で「正しい者はいない。一人もいない。悟る者もなく、神を探し求める者もいない。」と旧約聖書の時代から続く、罪の中の人間を書いています。自分を見つめれば、まず自分が清められたい存在であることを告白せざるを得ません。しかしイエス様はご自分の十字架によって、私たちを地の塩、世の光として用いようとなさったのです。主イエスのあわれみによって、私たちは自己中心の考えや欲望に向き合ってこれを抑えなければなりません。
意識するしないに関わらず、米軍基地や原発の「恩恵」に私たちは生きてきました。巨大な基地や原発をめぐる利権が動く中で、生活の快適さや安全、平和の根底に私たちの思い上がりをもってしまったのではないでしょうか。犠牲を遠くに住む他者に押しつけて、共感する心を失っていないでしょうか。神の赦しと恵みを受け、他者への祈りと共感を実現させ、喜びあえる者でありたいと思います。

司祭 マタイ 箭野直路
(ホテル音羽ノ森・旧軽井沢礼拝堂チャプレン)

『「キリストに対する畏れをもって、互いに仕え合いなさい。」エフェソ5・21』 

6年前に旧軽井沢礼拝堂で挙式をおこなったお二人が訪ねてきてくれました。結婚式の前に、新郎の祖母が病気で伏せていて、ひ孫を見たいと言っていたけれど間に合わなくて婚約指輪を見せてあげることが精一杯だったと話していたこと。そして新婦が作る食事を彼はいつもおいしいと言ってくれると話すとても明るい二人でした。私自身も忘れがちな「お互いへの感謝の言葉」に気がつかされ印象に残っていました。

再会を喜んで写真を撮りながら、ちょっと意地悪な質問をしました。「今もご飯おいしいって言ってくれる?」彼女はニコニコしながら「ハイ、ちゃんと言ってくれます。(料理の出来は)十分じゃないけれど…がんばってます」と話してくれました。そばに立つ彼も笑顔でうなずいていました。

結婚式をおこなっていく中で、ときどきそんな印象的な二人に出会います。忙しい中で互いに仕事をやりくりし、たくさんの準備をしながら挙式の日に向かっていきます。結婚オリエンテーションの日、二人は朝早くから渋滞をやりすごし、美容や衣装、写真の打ち合わせを一日ずっとおこなってきて、夜になってやっと結婚オリエンテーションとリハーサルという場合もあります。

くたびれているにもかかわらず、二人の出会いやこれからの夢を語ってくれるとき、その真摯な態度に教えられます。神様と人々の前で結婚の誓いを立てることの大切さに向き合っている二人に、互いに感謝することや思いやることの大切さを司祭として語りながら、自分自身、そのことがおろそかになっているのではないかと教えられるのです。60代以上の新郎新婦の場合はさらに謙虚さを教えられます。謙虚さをもってキリストに仕えていくことに導かれます。

パウロは夫婦について語りながら、その奥にあるキリストと教会の関係を語ります。仕え合うことが大切なのだと教えます。キリストへの畏れが私たちの一つ一つの態度をとらせる根拠だというのです。互いの弱さや欠点をよく知っている夫婦だからこそ、誠実さをもって尽くしていくことに「キリストへの畏れ」が具体的になるのだと思います。互いの中に感謝の気持ちや謙虚さがなければさびしく空しいものになるでしょう。

結婚オリエンテーションのとき、「平凡でいいけれど、その当たり前のことを大切にしていきたい」と語る二人がいます。積極的ではないようにも聞こえますが、しかし生活していくということはそれほど劇的なものではありません。二人の甘く新鮮な時間は仕事や生活の雑務の中でいつしか遠くなっていきます。年をとって環境や体調が変わっていけば、考えることも多くなります。その一つ一つに誠実に向き合わなければなりません。

私たちも初めて信仰を持った頃の喜びや与えられた恵みに対して、いつの間にか高をくくるような安易な気持ちにならないように気をつけなければなりません。なによりもキリスト教の結婚を語っていく私自身がいつも、あらゆることについてキリストに対する畏れをもって、感謝し仕えていかなければと思います。

司祭 マタイ 箭野直路
(ホテル音羽ノ森・旧軽井沢礼拝堂チャプレン、軽井沢ショー記念礼拝堂協働牧師)

『今、ここ』

自分自身の気持ちからいえば、今回この原稿は新しい学校や職場など新生活を始めた人々へ、神様が後ろから「しっかり」と送り出しているんだということを書こうと思っていました。多くの人々の支えと神様の愛があるんだということを書きたかったのです。厳しい冬を越え、春を迎えて新生活に慣れ始めた人々が不安な中でいろんな人々と出会い、様々な経験を重ねていきます。複雑な社会の中で、どの人も病を抱えるように「閉塞感」を感じながら、なんとか人間性を取り戻そうとします。そのための「つながり」が何なのか、その絆がどこにあるのかを書こうと考えていたときに今回の大震災。
映し出される津波の被害がこんなにも悲惨なものとは思いませんでした。津波が人々や建物、車や田畑を次々と飲み込み押し流していく様子を見るたびに、私はその地震の揺れのようなめまいを何度も感じました。日本中だけでなく、世界中の人々がその恐ろしさを同じ思いで見たことでしょう。今まで築いてきたすべてが理由もなく失われる、その悲惨さは戦争のようです。そして大災害は原発の放射能の恐怖に姿を変え、まるでホロコーストのように人々を生活の場、愛する故郷から追い払います。荒野をさまようユダヤの人々が水を求めて神を試みる場面が旧約聖書にあります。避難を余儀なくされ水を求める人々が、私たちの地面の続くところにいるのです。その苦しさを思いながら聖書を読んでいました。激しく揺れ動いた地面がつながっていたから、ここにいる自分も揺さぶられたのです。その恐怖とともに水を求める苦しさを、心が揺さぶられながらつながっていかなければと思いました。
数々の大災害を経験しながら、私たちは支援やボランティアのあり方、報道のリテラシーなどを学んできました。私も昔読んだ岩波ブックレットの「災害救援文化を創る」―奥尻・島原で―(野田正彰著)という本を読み返しながら、阪神淡路大地震、そして「今」を思いました。これまでに少しずつだけれども、被災者の心のケアを考えながら被災者本人が決めていけるような援助、ボランティアが学んだことを分かち合い、ともに新しい人間関係を考えていくことの大切さを積み重ねてきました。
今回の災害でも、悲しみの中にも心の温かさを感じさせる出来事がありました。人生の中ではどうすることもできないようなことが起こります。でもこのような混迷する世の中だからこそ、「今」をしっかりと生きることが大切なのです。
東北に続いて長野県北部でも震度6強の地震がありました。千曲川沿いのJR飯山線も線路盤が崩れ、多くの住宅が倒壊しました。地震の中心となった長野県栄村には、私がこの夏、結婚式の司式を予定している中学校の先生がいます。被災しながらも復興というビジョンを子ども達の中に一緒に作っていこうとしています。地元のテレビニュースには、小さな村の卒業・入学式においてつらいながらも今を生きようとする人々の姿がありました。
私たちが「今、ここ」に生きることは、未来に生きる人々につながるものです。途切れることない喜びとして未来へつなげてくださる神様によって少しずつ歩き始めましょう。

司祭 マタイ 箭野 直路
(ホテル音羽ノ森・旧軽井沢礼拝堂チャプレン、軽井沢ショー記念礼拝堂協働牧師)

『祈りをもって』

今年の初め、 NHKで 「男はつらいよ」 全48作放送のCMがあった。 その中で 『それを言っちゃーおしまいよ』 と言うおなじみのフレーズがあった。
職場や公の場に限らず、 家族や夫婦の間でも 『それを言ってしまったら元も子もない』 ということがある。
人はみな感情を持って生きているが、 その感情にすべてを任せてはいない。 理性や知恵、 あるいは責任などをもってどうにかコントロールしている (つもりでいる)。 この4月から 「旧軽井沢ホテル音羽ノ森、 旧軽井沢礼拝堂」 でチャプレンとして結婚式をおこなっている。 それまで同じ長野県にある新生病院のチャプレンであったので、 よく 『これまでと違って大変ですねー』 と言われるが、 自分の中ではそうでもない。
確かにこれまでと勝手も違うが、 結婚式を教会で望むカップルのまじめな態度にはこちらのほうが毎回、 彼らからその謙虚さを教えてもらっている。
ホテルの従業員の態度も自分たちのホテルやその仕事に誇りと愛着を持っている仕事振りをみていると、 教会が一般社会の人々と作る接点の、 その一つを自分はどれだけ 「キリストに仕える熱心」 を持ってやってきただろうかと反省させられる。
この時勢だから病院もホテルも生き残りの時代の中で、 目の前にいる人々への対応や配慮への姿勢は、 どのような場であっても大切なことだろう。 そう言えば新潟のあるホテルマンが 「私たちがおこなっている 『サービス』 ってお祈りのことですよね」 と言われたことがあった。
祈ることがキリストに仕えることであるはずなのに、 私たちは神様への手段や方法のように思ってしまっていないだろうか。
確かに神様に向けて私たちは祈るのであるが、 仕える心を持って祈っているだろうか。 あるいはその祈りがいつも自分と神様だけの間のものになってしまっていないだろうか。 結婚式の中で、 二人のために祈る場面では必ず参列者に向かって、 お祈りにある 「アーメン」 を一緒に唱えてもらうようにその意味を伝えてお願いしている。
それはその祈りが私一人や結婚した二人だけがおこなうものではないからである。
そこでみんなで共に祈るということは、 人と人をつなぐことである。 その場にいる人々が共に祈るということはその人々が神と共につながり、 お互いも共につながっているということであって、 人々が祈ることを通して喜びも悲しみも共有し、 神に生かされていることを覚えることなのである。 それによって再び、 それぞれの場に帰ることができるのである。 そしてキリストに仕えるように、 神に仕えるように祈りをもって互いに仕え合うのである。 目に見ることのできない神へ祈ることはしんどく、 むつかしい時もある。 しかし 『それを言っちゃーおしまい』 なのである。 私たちはいつも、 祈る私たちの傍らに共に祈る主の姿があることを願いながら祈るのである。 結婚式の参列者の中に主の姿をいつも求めていきたいと願っている。

司祭 マタイ 箭野 直路
(旧軽井沢ホテル音羽ノ森・旧軽井沢礼拝堂チャプレン、 軽井沢ショー記念礼拝堂協働師)

『語り続けること』 

夏休みに子どもを誘って釣りに行こうと思ったが、あいにく台風が来てしまい行けずに終わった。「逃がした魚は大きい」と言うように次なる期待ばかりが大きくなる。
その題名も「ビック・フィッシュ」と言う映画がある。いつもホラばかり話している父親を嫌っている息子は、親子関係が疎遠になっている。しかし父親の死に接した時、父親がいつも語っていたホラ話の中に出てくる人々は、出会ったいろいろな人間模様、人生の姿であったことを知るのである。その喜びや悲しみを、布に織り上げるように自分の中でつむいで、父親なりの人生の真理を物語として語っていたのである。
8月上旬チャレンジキャンプ14をおこなった。今回は「ものがたり」がテーマである。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。」(使18・9b~10a)をテーマの聖句とした。世界の様々な物語には多くの知恵や人間の豊かさが満ちている。物語ることの中に、人を癒したり和解させる力があって、私たちはそんな物語を語ることのできる一人一人であることを子どもたちと学んだ。神様が語り、私たちは聞く。使徒言行録では主イエスの弟子たちが聖霊に満たされ、主イエスの言葉や出来事を物語っていった。彼ら自身語りだすことによって立ち上がり、歩き始めるのである。彼らと彼らの話を聞く人々の思いや願い、そこには主イエスによって新しく生かされる人々の物語がある。私たちも深い悲しみや絶え間ない心の痛みがありつつも神に生かされ、うながされて神の福音を語るのである。
この9月、中部教区宣教130周年記念礼拝がおこなわれる。中部教区に、み言葉の種はまかれ、私たちはその実を頂いている。聖書をとおして神は私たちに救いのメッセージを語りかけている。そのメッセージは聖書の最後のページで終わったのではなく、私たちもまた救いの物語を語っていく一人とするのである。神によって救われ、養われる者は、み言葉の種をまいていくのである。主イエスの救いを私たちの物語として。

司祭 マタイ 箭野 直路
(新生病院チャプレン)

『ホスピスで思うこと』

新生病院のある小布施は、果物の季節を迎え、町のさまざまなお祭りや催し物が続きにぎやかです。でも一歩入った路地の木陰は静かな時間が流れています。病院の中庭も患者さんの散歩のコースになっています。ホスピスに入院された方も体の調子がいいとき静かな中庭の木々に招かれるように、緑の中に身をおいています。「(家族や病院スタッフ)皆さんに見せたくて」と庭で拾ってきた松ぼっくりや摘んできた花がホスピスのホールに飾られていることがあります。
生け花のボランティアに来て下さる方と同じようなことを患者さん自身がしてくださり、私たちのほうが慰められます。ホスピスで思うことはたくさんあります。
病という思わぬ出来事に自分も家族も悩み、やっとの思いでホスピスに来る方もいます。ホスピスは世間では「もう治らない病気のために死を迎えるところ」というイメージがあるようです。しかしそれは間違いです。
がん=ホスピス=死ではないのです。確かに病状が進み亡くなる方もいます。また治療に向けて退院する方もいます。その患者さんの生と死に意味を見い出していく時、それはただの死ではなくなるのです。残された家族や医療者を生かす力となるのです。毎年、ホスピスで亡くなった患者さんの家族に集まっていただき、入院中の思いや今の心境などを語り合う「思いを分かち合う会」というものがあります。今年の6月におこなわれた時には入院してわずか2日で亡くなった方の家族も来て下さいました。最後の時を共に過ごすことができたと感謝していましたが、同時に「もっと早く(ホスピスに)来ていればよかった」とも語っていました。すると他の遺族の方が「一所懸命お世話されたから…長さじゃないですよ」と言われていました。人は、時間が神様から与えられた限られたものであることを忘れがちです。誰でもいつかは死を迎えます。それは神様を信じていてもいなくても同じです。終末期にある患者さんに対して積極的な治療は意味がないばかりか、苦しさが増えるばかりで残された時間がつらいだけになってしまいます。
突然の病気は心に大きな波紋を起こし、やがてくる死はその重たさのために家族だけでなく、病院スタッフをも過去の時間へ引きずり込んでしまうことがあります。しかし大きな波紋の中にある生といつまでも引きずるようなつらい死に、患者さんに関わるあらゆる人たちがゆっくりと心を向けることによって不思議と「死の重たさ」が「感謝」に変えられていくのです。それは必死になって自分に引きとめようとしたものをだんだんと神様にゆだねていくような姿です。コリントの信徒への手紙Ⅰは「死のとげは罪である」と語ります。主イエスは人の存在に思いを向けた事によって「死のとげ」を取り払ったのです。私たちの間に十字架を建ててくださったのです。
ホスピスで思うことはたくさんあります。そして主イエスの出来事を思わざるをえないのです。
司祭 マタイ 箭野 直路
(新生病院チャプレン)