活動支援のお願い

名古屋学生青年センター後援会センターの活動全体を財政的にサポート。「命を分かち合う」と題した講演会も開催します。
国際子ども学校を支援する会センターの取り組みのひとつである「国際子ども学校」を支援し、外国人との共生の道を考えます。

名古屋学生青年センター後援会

名古屋学生青年センターは後援会組織によって支えられています。後援会は、センターを財政的に支援するだけでなく、「命を分かち合う」と題して毎年講演会を開くなど、その願いや取り組みを広く知っていただくために様々な活動を行っています。

会員となって私たちの活動をサポートしてくださる方を募集しています。

後援会々員の皆さまには

  • 名古屋学生青年センターのニュース「こえ」「おたより」をお送りします。
  • 名古屋学生青年センターの催しをご案内します。
  • 名古屋学生青年センターの会場利用、宿泊料金が割引されます。

後援会々費

A10,000円B5,000円C3,000円D1,000円(学生会費)
いずれも年額で一口を単位としていますが、何口でも結構です。

寄付金

常時受付けております。

お払込方法

会費および寄付金は、ゆうちょ銀行よりお振込みください。

郵便振替:
00810-9-37506
加入者名:
名古屋学生青年センター後援会

後援会々長からのご挨拶
「名古屋学生青年センターに期待する」

名古屋学生青年センター後援会 会長 関 正勝(立教大学名誉教授)

名古屋学生青年センターの存在とその働きは、今日の教会にとって、また社会にとってチャレンジングである、と私は思っています。センターは、教会と社会それぞれのフロント(前線)であり、それゆえ教会にとっては社会を、社会にとっては教会を指し示す接点であるからです。このことは、さらにいえば、センターは、教会と社会の間、あるいは境界にあってそれぞれが看すごし、見失い、無視し、不在化してきている現実を顕在化させる触媒のような存在と働きを担っている、ということでしょう。

間とか、境界ということで、私はイエスがガリラヤのカナの婚礼の席で行ったとされる最初のしるし(奇蹟)の場面で、「召し使い」たちの働きを想い起こします。祝いの席に欠くことの出来ないぶどう酒がなくなったとき、イエスは「召し使い」たちに水を満たした水がめを宴の席に運ぶよう命じます。その水はそれまで人々が味わったことのない豊かな味をたたえたぶどう酒に変えられていました。人々はそのぶどう酒が何処から持ち来られたかを知りません。聖書は簡潔に「水をくんだ召し使いたちは知っていた」と記します。正に、召し使いは間・境界にいたのであり、水が美味しいぶどう酒に変わる触媒的な働きをしたわけで、彼らは「知っていた」とは意味深い言葉といえましょう。

学生青年センターが、教会と社会の境界で活動することで、教会と社会の変革の触媒となることを期待し、多くの皆さんのご支援をお願いします。

中部教区主教からのご挨拶
名古屋学生青年センターをご支援下さい!!

日本聖公会中部教区 主教 渋澤 一郎

皆様方の日ごろからの名古屋学生青年センター(以下「センター」)へのご支援を感謝申し上げます。センターの活動は皆様のお祈りとご支援によって成り立っています。センターは当初、キリスト教信仰を基盤とし、学生の交流を通しての真理の探究の場として設立され、その役割を果たしてきましたが、半世紀が過ぎた現在では学生、青年を問わず、すべての人々の活動や出会いの場として用いられております。しかしながら、時代の変遷と共にセンター活動も変化して来たとは言え、あらゆる真理の探究の場としてのセンターの理念は変わりません。センター活動のすべてを通してこの世界で働かれる神様を指し示し、神様の御心を探し求め、その御心を行って行くのがセンターの在りようなのです。

センター活動はイエス・キリストの働きに基づいています。イエス様はこの世に生まれ、この世で生活をし、この世の人々に関わりを持ち、この世で神様の働きを行いました。この世のすべての事柄がイエス様の関心事であり対象でした。殊に、この世で片隅に追いやられた人々に神様の愛を実践されたことを聖書は教えています。

しかも、イエス様の働きはイスラエルとその周辺での限定された場、限定された人々へのものだったと言えるでしょう。しかし、そのような限定された中でイエス様は神様の不変の真理を示されたのでした。神様の働きはどこか架空の場所ではなく、このわたしたちの生きる世界で行われるのです。センターはこの世界のすべての事柄に関心を持ち、現場を大切にしつつ、様々な働きを担うことによりこの世界で働かれる神様の業にこれからも参与してまいります。

役員

会長 関 正勝 (立教大学名誉教授)
副会長 長縄 年延 (愛知聖ルカ教会信徒)
理事 軽部 倫子 (名古屋聖ステパノ教会信徒)
清 りつ子 (名古屋聖ヨハネ教会信徒)
牛島 達夫 (名古屋聖マタイ教会信徒)
深谷 聡 (名古屋聖マルコ教会信徒)
西井 和裕 (名古屋NGOセンター理事長)

国際子ども学校を支援する会

「国際子ども学校を支援する会」は、在日フィリピン人の子どもたちの学校「国際子ども学校(ELCC)」をさまざまな形で支援し、私たちの地域の問題でもある外国人との共生の道を考えるために、2000年1月に発足しました。

「国際子ども学校」および「国際子ども学校を支援する会」の活動を支えてくださる方を募集しています。
会員の方には、子どもたちの様子や支援する会の活動がわかるニュースレター「クムスタ・カ…」を年4回お送りします。「支援する会」主催のスポーツフェスティバルなどをお手伝いいただけるボランティアさんも大歓迎です。

「国際子ども学校を支援する会」の主な活動は

主な活動

  1. ELCCの運営を財政的にバックアップします。
  2. ELCCの課外授業をサポートします。
  3. 在校生・卒業生に対する放課後学習支援をします。
  4. 保護者や子どもたちとの交流会を企画・実施します。
  5. 子どもの権利に関する学習会や、政策提言などを行ないます。
  6. ニュースレター「クムスタ・カ…」を発行します。

会費

一般会員

A教科書支援コース・・・10,000円/年
1人分の1年間の教科書・図書代に相当
B教材費支援コース・・・5,000円/年
1人分の1年間の理科・家庭科などの教材費に相当
C遠足コース・・・3,000円/年
1人分の1年間の遠足費用に相当
D寄付(カンパ)
いつでも、いくらでも。

里親会員

_一口 20,000円/年(1人分の1ヶ月の月謝に相当)

ELCCの月謝は1ヶ月2万円です。その月謝で、教材をはじめ子どもたちの学習に必要なものを買ったり、学校の水道光熱費を支払ったりしています。しかし、月謝を払える保護者は半数ほどしかいないのが現状です。そこで、1人分の月謝を、1年に1ヶ月分だけお支えいただけませんか?*何人かで一口、という形でも構いません。

お払込方法

会費および寄付金は、ゆうちょ銀行よりお振込みください。

郵便振替:
00870-8-89533
加入者名:
国際子ども学校を支援する会

アクセス

Access

名称
名古屋学生青年センター
(Nagoya Youth Center)
所在地
〒466-0804 愛知県名古屋市昭和区宮東町260
(260 Miyahigashi-cho, Showa-ku, Nagoya-shi, Aichi 466-0804)
TEL
052-781-0165
FAX
052-781-4334
交通
地下鉄名城線 名古屋大学駅(1番出口)徒歩5分
栄より市バス17番約30分 八雲町バス停前下車徒歩0分
名古屋大学南門前