新生礼拝堂
New Life Chapel, Anglican Church in Japan

日本聖公会中部教区の教会です。
カナダ聖公会による日本の結核患者救済運動は、スタート博士を派遣し1932年10月「日本聖公会新生療養所」を生みました。当初、療養所内にあった礼拝堂は、1934年6月25日新生療養所付属礼拝堂として献堂され、2年後に付属礼拝堂でありながら信徒が在籍する「新生礼拝堂会衆」という教会になりました。病院の隣に建つ礼拝堂は、疾病に苦しむ人々や地域の人々に仕える器として、当時の姿を残しています。 2003年、より主体的に地域における宣教の働きを担って歩んでいくことを願い、正式名称からも「会衆」をはずして「新生礼拝堂」と変更しました。

住所
〒381-0201
長野県上高井郡小布施町851
電話
026-247-5319(日本語、한글)
FAX
026-247-5319
新生礼拝堂

礼拝案内

■日曜日 主日礼拝 午前10:30 聖餐式
■平日 午前9:15 朝の祈り、午後5:30 夕の祈り

変更になる場合がございます。事前にお問い合わせくださると確実です。

集会案内

■第1日曜日 礼拝後 聖書に親しむ会
■第2水曜日 午後2:00 お仕事会
■第4水曜日 午後1:30 かえでの会

新生病院の入院患者とご家族、在宅し療養中の方々、外来の方のお話も伺います。

洗礼・堅信の準備会、結婚式、ご葬儀などをを随時行っています。
詳しくはお気軽にお問合せください。

牧師紹介

fides kim

司祭
フィデス 金善姫牧師

韓国では工学生として生物を学び、英語ができず大学院の受験で失敗。韓国のIMFの影響もあり、就活の経験もないまま塾で受験生に数学と科学を教えている時、教会の中高生キャンプで、現在夫である丁胤植と出会い、交際開始。将来の不透明性に悩む日々の中で、神学校を卒業し教会で伝道師として働く丁胤植との結婚は迷いの多いものであった。 幼児洗礼を受け、日曜学校で楽しい経験もあり、ミッション系の高校で出会った宣教師の影響もあり、宣教師になりたいとも思ったが、聖公会は女性の司祭の賛否の議論中。日曜学校教師、青年会、聖歌隊で楽しく教会生活をしていた。 結婚後、1995年の阪神大震災のワークキャンプ以降、日本への宣……詳しく見る(外部サイトを開きます)

教会での礼拝Service

み言葉の礼拝

「み言葉の礼拝」は、聖書のみ言葉を深く味わい、共に祈る礼拝で、信徒によって行われます。 詳しく見る

聖餐式

聖餐式(せいさんしき)は、聖公会が最も大切にしている礼拝です。ミサとも呼ばれます。その起源は、イエスが十字架に架けられる前に弟子たちと共にした「最後の晩餐」にあります。 詳しく見る

結婚式

教会での結婚式とは、神様の定めに従い、互いに愛し、敬い、慰め、助け、生涯を共にすることを誓うものです。英国教会と同じ伝統に基づいた聖公会の挙式は、おふたりにとっても、そこに集まる参列者にとっても、特別な時となるでしょう。 詳しく見る

アクセスAccess

住所
〒381-0201
長野県上高井郡小布施町851
電話
026-247-5319(日本語、한글)
FAX
026-247-5319
■JR「長野」駅より長野電鉄「小布施」駅下車、徒歩で約15分、または「新生病院」までタクシーで約5分 ■JR「長野」駅より信越線「豊野」駅下車、「新生病院」までタクシーで約15分(2,000円程度) ■上信越道「須坂IC」より国道403号線中野・小布施方面へ約20分、または「信州中野IC」より国道403号線須坂方面へ約15分
周辺マップ 準備中です

教会にご用の方へ

事前に問い合わせフォームまたはお電話(052-858-1007中部教区センター)でご連絡ください。

牧師にご用の方へ

牧師に相談などをご希望の方は問い合わせフォームまたはお電話(052-858-1007中部教区センター)でご連絡ください。

お車でお越しの方へ

駐車場有。

お問い合わせContact

お名前必須
メールアドレス必須
メッセージ本文